プロミスですぐに借りたい方、即日融資で利用をしたい方のための、早く借りるための借り入れ情報です。

プロミスで即日融資で借りたい方

早い審査と手続きで人気となるカードローンサービスのプロミスを、より効率的に、より早くに利用するための方法を知っておきましょう。すぐに借りたい、急な出費でお金が無い、プロミスで即日融資の借り入れを利用したいと考えている方は、下の目次より必要な情報を先に見ておくことをおすすめします。

プロミス情報の目次

まずはプロミスの良さに注目

プロミスの良い点

プロミスはカードローンサービスとなるため、自動車や住宅のローンなどとは違った契約内容となります。各種ローンでは申し込みをして契約をすると、一度借りたら残るはただただ返済だけとなりますが、プロミスの場合には契約をして限度額が設定されていれば、限度額内なら繰り返し自由にいつでもお金が借りられます。

発行されるカードをATMで使う、会員専用メニューから振り込みで融資を受けるなど、設定されている限度額がある限りは、何度でも必要なときに借りられるのです。もちろん再び利用する際には再申し込みや再審査は不要であり、借りたお金を全て払い切って完済をした後であっても、解約さえしなければカードを使っていつでも利用が出来ます。

今のお金のピンチはもちろん、プロミスなら今後の将来的な急な出費などにも対応が出来るため、大変便利で役立つカードローンとして人気となっているのです。

プロミスだけでなく、他社の利用がある方は借り入れが増えすぎると限度額の減額、返済に関するトラブルを起こしてしまうと強制的な解約で繰り返しの利用が出来なくなる可能性があるので、十分に注意をして利用をしましょう。

プロミスの返済は月々4,000円から

便利なカードローンも、返済が出来ないと途端に自身を苦しめるものとなってしまいます。なるべくなら余裕を持った返済が出来るように借りていくべきであり、プロミスでは借り入れ金額が10万円までなら月々の返済は4,000円からで良いため、無理のない支払い計画が立てられます。

ただ、利用金額が増えると月々の返済金額も増えていき、20万円なら8,000円、30万円なら11,000円からとなります。限度額があるとついつい借りてしまう方も多いですが、不要なお金を借りると返済の負担ばかりが大きくなりますので、必要最低限の利用に留めておくと今後の支払いも楽になるでしょう。

最低返済額の入金でももちろん問題はありませんが、より効率的に利息負担を減らして支払いを進めるのであれば、毎月の返済額は上乗せをしておくと良いでしょう。倍額ほどの入金がコンスタントに行えるようであれば、利息総額も抑えられ、早い完済が目指せるようになります。

その他のプロミスの良い点
  • 全国の提携ATMでいつでも便利

プロミスカードは日本全国のコンビニや銀行など、提携ATMならいつでも便利に使えるようになっています。出張や旅行先でも、必要なときにすぐに借りられます。

  • 女性の方も安心の専用サービス

カードローンに不安を感じる女性の方のために、専用のサービスとなるレディースプロミスが用意されています。借り入れが初めてでも、プロミスなら安心です。

申し込みや利用に必要な条件

プロミスの申し込みはインターネットで行えるようになっており、自動契約機や店舗まで行かずとも手軽に手続きが進められます。スマートフォンにももちろん対応をしているため、外出先であってもお金が必要だと感じたら、すぐに申し込めます。

利用対象者は20歳~69歳の方、安定した収入を得ている方となっているため、未成年者や無職、専業主婦ではプロミスは利用が出来ません。ただ、安定した収入には制限が設けられていないため、アルバイトやパートで月々の収入が多くないとしても、給与所得を継続して得ている方なら申し込みが出来るようになっています。

第0位

プロミス

初めてのカードローンにも人気の、素早い審査と最短即日融資対応の借り入れ

実質年率限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分回答最短即日
ネットでの来店不要手続きが出来るプロミスでは、平日14時までのWeb契約なら自動契約機まで行かずとも、銀行振り込みで当日中の借り入れも可能となります。今日中にお金を借りたいけど来店をするのは嫌だと感じる方でも、早い時間の申し込みなら即日融資の対応も受けられる可能性があります。審査回答時間は最短30分となっているため、急ぎの方も安心の借り入れとなるのです。
プロミス
公式サイトで詳細を見る
プロミスの申し込みに必要な書類

申し込みに必ず必要となるのが、本人確認書類です。免許証をお持ちであれば話が早いですが、交付を受けていない方は保険証やパスポートとなります。外国籍の方は他の書類も必要となりますので、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

また、プロミスでの契約が50万円以上となる場合、他の貸金業者との借り入れ合計で100万円を超える場合には、所得を証明する書類の提出も必要となります。貸金業法で義務付けられているため、提出をしないと審査に通ったとしても利用が出来ないので、まとまった金額の融資を受ける際には確認をしておきましょう。

申し込み内容や審査結果によっては、上記の金額以外でも収入証明が必要となる場合があります。プロミス側から提出を求められた際には、早い融資のためにもなるべくすぐに提出をしておきましょう。

▲目次へ戻る

審査の基準や対応可能時間

プロミスに申し込みをする際に気になるのが、審査に通るかです。申し込んでも審査に通らないと意味がありませんし、お金を借りたいと思って審査を受けるわけですので、当然と言えば当然です。

世には「審査のコツ」などと紹介がされているものもありますが、実際には審査のコツなどは存在しません。ただ、審査でNGとなる目安や基準は今までの傾向である程度は分かっていますので、申し込み前に該当をしていないかどうか、しっかりと確認をしておきましょう。

▼審査にほぼ通らないと考えられるケース

  • 借り入れが年収の3分の1以上
  • 借り入れ件数が極端に多い
  • 他社の返済遅延中、または不足入金
  • 直近で複数社の審査落ち
  • 信用情報機関にネガティブ情報がある
  • 半年間で多くの申し込みをしている
  • 収入や仕事が不安定

年収の3分の1以上の借り入れ、または近い水準まで借りてしまっている方は、貸金業法で定める総量規制により、プロミスでは借りられません。気になる方は、プロミスのホームページ上で行える「3秒診断」でチェックをしてみましょう。

上記の何れか、一つでもに該当する方は、審査結果は非常に厳しいものとなると考えられます。該当をしなければ審査に通ると断言が出来るものではありませんが、逆に該当をするのに審査に通るのは、非常に稀なケースです。

通ればラッキーと考えて審査を受けても無駄に終わるだけで、無駄なだけではなくデメリットすらもあります。現在では申し込みをして審査を受ければ、全て信用情報機関の履歴に半年間は残ります。通りもしない審査で履歴が残ってしまうと、今後のプロミス以外での審査にも悪影響が出ますので、余計な申し込みはしない方が良いのです。

審査対応時間をしっかり確認
審査回答時間に注意

ネットでの申し込み手続きをしてからの審査回答は、プロミスでは最短30分としています。内容や状況によっては多少の時間がかかる場合もありますが、中小の消費者金融のように1週間や2週間も待たされるようなことは、通常であれば早々起こるものではありません。

ただ、審査回答可能時間内でないと当然ながら審査結果は出ません。プロミスでは平日も土日も曜日問わず、審査回答は9:00~21:00としています。9:00以前の分については営業日なら当日の9:00移行に、21:00以降の分については翌営業日の扱いとなります。

ギリギリの申し込みとなると翌営業日扱いとなってしまう場合もあるため、なるべくなら余裕を持って手続きをしましょう。焦って入力をするとミスの原因にもなり、入力内容に不備があると時間がかかってしまったり、審査に悪影響が出る場合もあります。

▲目次へ戻る

来店をせずに即日融資を受けるには

早くに借りたいけど自動契約機や店舗までは行きたくない、来店をせずに当日中にお金を借りたいと考える方も多いです。いくら自動契約機の中は周りからは見えないとは行っても、入りづらいのは事実です。来店をせずに即日融資が利用出来るならその方が良いので、しっかりと手順を把握しておきましょう。

プロミスではネットで審査を受けた後に、そのまま来店不要でWeb上での契約が出来ます。Web契約では本人確認書類などの必要書類をオンライン上での提出が可能なため、わざわざコピーをとってFAXを送ったり、郵送などの手間や時間がかかる方法は必要ありません。スマートフォンのカメラでも良いので、綺麗に撮影して画像化したものを送信すれば良いのです。

送られた書類をプロミス側でチェック、その他の各種確認が完了すると契約完了となりますが、ここまでのWeb契約手続きを平日14時までに完了させると、当日中の即日融資も可能となります。

銀行振り込みでお金が振り込まれるため、審査対応はしていても週末の土日や銀行が休業日となってしまう祝日では、基本的には対応が出来ません。

▼条件付きで平日14時以外も対応可能

  • 独自サービスを使えば即日融資の幅も広がる

プロミスでは「瞬フリ」の独自サービスがあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方に限り、曜日や時間を問わずに24時間最短10秒での振り込みを可能としています。瞬フリを使えば時間にとらわれずに即日融資も可能となりますが、使用する口座を22時までに登録しなければなりませんので、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

時間に余裕を持つ必要がある
余裕を持って申し込みを

Web契約から通常の銀行振り込みで即日融資を利用する際には、言うまでも無く時間には余裕を持つ必要があります。審査は最短30分でも時間がかかる場合もあり、契約に関しても審査回答後の1分や2分で終わるものではありません。

在籍確認や本人確認などの手続きもあり、契約内容によっていくらか時間を要する可能性もありますので、ギリギリに手続きをするのではなく、ネットからの申し込みなら24時間対応である点を生かし、空いた時間にまずは審査だけ受けておくと良いでしょう。

▲目次へ戻る

夕方や土日に当日中に借りる方法

お金が必要になるのは、何もWeb契約での即日融資も可能となる時間だけに限りません。夕方に声がかかる夜の誘い、週末に必要となる何らかの費用など、お金のピンチはいつでも出てくるものです。

プロミスでは平日の14時までのWeb契約だけでなく、いくつかの方法で14時以降も週末も即日融資で借り入れの利用が出来るようになっていますので、急ぎで借りたい方は確認をしておきましょう。

▼ネット申し込み後に契約機を使う方法

  • 営業時間内なら週末も祝日も対応可能

プロミスのホームページから申し込みを行い、審査でOKとなった後に契約機まで行く方法です。審査回答は既にもらっているので残る手続きは多くはなく、契約機で各種確認やカード発行にかかる手続きを終えれば、最短でその日のうちにカードが受け取れます。多くの契約機は夜までの営業をしていますが、審査回答の方が先に締め切ってしまうため、予めネットで申し込みをして審査を受けておくのが重要なポイントとなります。ただ、申し込み時間によっては翌営業日の扱いとなる場合もあるので、注意が必要です。

▼指定の銀行口座を使って借りる方法

  • 24時間最短10秒で素早く振り込み可能

上にも挙げていますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の本人名義の口座をお持ちの方で、プロミスの会員専用メニューから口座登録をしておけば、24時間最短10秒での振り込みも可能となります。口座の登録が出来る時間が22時までと決まっているので、22時以降に借りるとしても登録だけは早めに済ませておくと良いでしょう。銀行の指定こそありますが、この方法であれば契約機まで行く必要はないため、来店不要で借りられます。詳しくはプロミス公式サイトをご確認下さい。

確認が取れないと借りられない
各種確認が必要です

お金を借りるための契約の前には、勤務先へのプロミスの担当者による、個人名での在籍確認が行われます。土日や祝日で会社が休みで、在籍確認が行えないとその日のうちには契約が出来ず、お金が借りられません。

ただ、プロミスの場合には指定の書類の用意や条件を満たすことで、電話以外での在籍確認を認めてくれる場合があります。必ずしも認めてくれるとは限りませんが、週末で電話での確認が取れそうも無い方や、電話をされるのは困る方は、一度プロミスのコールセンターや審査回答時に相談をしてみると良いでしょう。

申し込み内容によっては、当日中の借り入れが出来ない場合もあります。もし当日中の扱いが出来ない場合でも他の資金繰りが出来るように、なるべくなら早い時間の手続きが良いのです。

▲目次へ戻る

賢く使う無利息サービスを知る

カードローンでお金を借りると、必ず発生するのが利息です。借りているお金と借りた日数、そして契約金利に応じた利息を返済時に支払うのですが、決して安くはない利息となる場合が多いため、返済時の負担となってしまいます。

しかし、プロミスでは所定の条件を満たすと、初回の借り入れが30日間も無利息になるお得なサービスを実施しています。30日間でかかる利息は、30万円を17.8%の実質年率で借りているとすれば4,389円になりますので、大変お得な借り入れが出来るようになるのです。

▼無利息サービスを利用するための条件

  • Webでの明細交付利用登録
  • メールアドレスの登録

どちらも無料登録が出来るものであり、Web明細に関しては振り込み融資や返済時での、自宅への利用明細の送付も防げるようになりますので、家族にカードローン利用を内緒にしたい方は無利息サービス云々は抜きとしても、登録をしておきたいものです。

期間内なら繰り返し利用も無利息
無利息でお得な借り入れ

初回借り入れの翌日から30日間の無利息となるプロミスでは、30日間なら繰り返しの利用も無利息です。例えば10万円を借りて無利息期間がスタートし、10日後にお金が必要で追加で5万円を借りたとしても、追加分の5万円は20日間は無利息となります。

また、無利息期間中に返しきらない場合には期間後に利息が発生しますが、31日目から利息の計算がスタートとなります。つまり、仮に20万円を借りているとしても、30日以内に15万円の返済をすれば、無利息期間後は残りの5万円に対する利息のみしか発生しません。

無利息期間中に全てのお金が返せないとしても、なるべく多くの元金分の返済を進めておくと、その後の支払いがぐっと楽になります。元金が減れば利息負担も大きく減りますので、無利息サービスをうまく活用してプロミスで賢く借りたいものです。

▲目次へ戻る

返済を計画的に行うための計算

カードローンの利用はプロミスに限らず、計画的に行わなければなりません。こちらの返済シミュレーションでは、一月あたりの単純な計算ではなく、借りた後の完済までの試算が出来るようになっていますので、借りる前に確認をしておくと良いでしょう。

借り入れ金額と金利、返済期間をどの程度にすれば無理のない支払いを続けていけるのか、自身の収入や生活に必要な支出、場合によっては他社への返済の都合もありますので、よく考えておきましょう。

▼おすすめシミュレーション方法

  • 利用金額は借り入れ希望額の入力
  • 返済期間は「60」ヶ月
  • 借り入れ金利は「17.8」%
  • 返済方法は「元利均等返済」

上記内容で現実に近い返済金額の算出が出来るようになります。ただ、借り入れ金額が小さい場合には5年間の返済が出来ない契約となりますので、あくまで参考数値と捉え、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

返済シミュレーション
利用金額万円
返済期間ヶ月
借入金利%
返済方法

表示される毎月の返済金額は、あくまで最低ラインに過ぎません。余裕があれば上乗せしての支払いももちろん可能であり、多くを支払い続ければより早くに返し終えることが出来ますので、なるべくなら多めの返済を心がけると良いでしょう。

▲目次へ戻る

プロミスでよくある質問

プロミスを利用する上でよくある質問や疑問をまとめました。借り入れ自体が初めての方も、他社の利用はあってもプロミスが初めての方も、一通り見ておくと良いでしょう。

申し込みや借り入れに関して

申し込みは内緒で行えますか?
周りにはばれませんか?
プロミスではしっかりとプライバシーを守ってくれます。在籍確認時の電話も担当者が個人名で行い、カードの郵送時にもプロミス名が書かれていない封筒で届くので安心です。
いくらまで借りられますか?
初回限度額はどれぐらいですか?
限度額は審査によって決まるため、一律で初回はいくらと決まっているわけではありません。しかし、初回限度額が50万円以上となるケースは稀であり、多くの方は30万円未満程度で設定されていると言われています。
借りると何か書類は届きますか?
案内などは届きますか?
Webでの契約をした際には、カードと契約書類が後日、自宅宛に届けられます。それ以外では郵送物は基本的には無く、利用明細が発行されない銀行振り込みでの借り入れ等の際にも、明細のWeb交付をしていれば自宅宛に届くことはありません。また、パンフレットや案内等も届きません。

返済に関して

返済が出来ない場合は?
金額が少し足りなくても大丈夫ですか?
基本は契約内容通り、期日通りに入金をするのですが、どうしてもお金が足りない方は事前にコールセンターへ連絡を入れて下さい。プロミスでは利息分だけの入金でもOKとしてくれる場合もありますので、まずは相談です。連絡さえ入れてしっかりと入金をすれば、勤務先への連絡等もありません。

契約内容に関して

もっと多く借りられませんか?
限度額は増やせますか?
一つの目安として半年程度の利用実績を積めば、プロミスでの限度額増額申請が出来るようになります。増額審査が行われ、信用情報機関を通して確認をする他社利用状況、今までのプロミスでの利用実績を見て、返済能力が認められれば限度額の増額も可能となります。
金利を下げてもらえますか?
もっと低い金利で借りられませんか?
初回契約時には上限金利での適用が多くなるプロミスですが、上の限度額増額に合わせて金利の低下がされる場合もあります。現在の上限金利は100万円以上の借り入れで15.0%と決められているのですが、100万円未満でも金利が下がるケースがありますので、利用実績を積んだ後に相談をしてみましょう。

▲目次へ戻る


トップへ戻る